赤ちゃんからの英語【幼児英語教材】

私の子は英語ペラペラ。

小学校に入った時には、日常会話はすでに親以上に英語をペラペラ話しました!
赤ちゃんの頃から幼児英語教材を与えて英語に馴染ませたおかげですね。

高額な教材を使う必要はありません。

幼児向け英語教材の

7+BILINGUAL(セブンプラス・バイリンガル)】は

29,800円(税込)

赤ちゃんが35日後には英語を話しはじめます。

 私の子は語学の天才?英語ペラペラに育てた母の喜びの声

私自身、小学校高学年から英語塾に通っていたのですが英語が得意とは言えず、自分の子どもには英語で苦労してほしくないと思っていました。
それも、ただ受験に有利になるような「お勉強」としての英語だけでなく、外国の方とコミュニケーションをとれるような「役に立つ」英語を身につけてほしかったのです。

そこで私は、子どもができてすぐに赤ちゃんから始められる英語教材について調べました。

そして子どもが生まれてある程度時間が経つと、その英語教材を使い始めました。
まだ1歳になる前のことです。やはりこういった教育は早いうちに始めるのが良いのですね。

そうやって赤ちゃんの時から英語に慣れさせると、日本語の言葉を覚えるように英語も覚えてくれたのです。

2歳になってからは親子英会話教室にも通い始めました。

正直、親子英会話教室は私の方が勉強になりました。

子どもと一緒に楽しく英会話を学べるのでとてもためになります。
私の子どもは日本語の言葉を覚えるのと同時くらいに英語を覚え始めたので、たまに日本語とごっちゃになることもありましたが、そこは親が丁寧に教えれば大丈夫。

ただ、人前で私を「ママ」ではなく明らかに英語の発音で「Mom!」と呼んだのには驚きました。

純日本人な顔立ちの私の子どもが、まるで英語が母語であるかのように話すのを聞いた周囲の人も驚いていました。

そんな風に子どもに生きた英語を学ばせていたら、幼稚園に入る頃にはスラスラと英語が口から出るようになりました。

同じ幼稚園のママ達にも「すごいね! 」と褒められることが多かったです。

また、小学校は英語教育に力を入れている私立に入れたのですが、そんな学校の授業でも私の子どもはトップクラスでした
英語を話せると外国人の方とコミュニケーションを取りたくなるのでしょう、長期休暇は海外に旅行に行きたいとリクエストすることが多くなりました。

海外旅行では私たち夫婦がコミュニケーションに困ると子どもが通訳してくれるので大助かりです。

また、私の子どもは物心ついた時から英語がそばにあったため、外国人へを差別したり変な偏見を持ったりしません。

そういった意味でも早いうちから英語を学ばせて良かったです。

わずか 29,800円(税込)

子供のバイリンガルにスイッチが入る